えんどう眼科【眼科外来診療全般・各種手術・レーザー治療】 患者様の目を第一に守ることを考え「かかりつけ医」を目指しスタッフ一同、温かくわかりやすい診療を心がけ、信頼される医療を目指して参ります

お知らせ

  • 現在VISA、Master、AMEX、JCB、Diners、Suica・PASMOなどの交通系iC、PayPay、iD、QUICPay、Apple Payなどの決済に対応しております。

  • マイナ保険証をお持ちの方は、従来の保険証も一緒にご持参ください。

  • 新しくSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)という緑内障レーザー治療を導入致しました。

  • NIDEK社の最上位機種ミランテを導入。無散瞳で広範囲の眼底を確認出来、高精度なOCT撮影や無侵襲のOCT Angio更には自発蛍光(FAF)等も可能となりました。

    Mirante。(☜クリック)

  • メガネ処方の患者様は受付終了の1時間前まで、初めてのコンタクト処方の患者様は土曜を除く受付終了の1時間半前までに受付を済ませて下さい。

  • 過去10回掲載の「ご近所ドクターBOOK」が本年も発行されました。

    2024年度版掲載記事。(☜クリック)

    2023年度版掲載記事。(☜クリック)

    2020年度版に当院が掲載中(P.6)です。(☜クリック)

    2019年度版掲載記事。(☜クリック)

    2018年度版掲載記事。(☜クリック)

  • 最新鋭の白内障手術装置アルコン社センチュリオン(CENTURION)を導入。従来機インフィニティや他社機種よりも更に安全で安定した手術のご提供が可能となります。

    ope室の様子。

  • 炭酸ガス(CO2)レーザーを導入。眼瞼下垂、内反症、腫瘍などの手術で使用します。術中の出血、術後の腫脹・疼痛を大幅に軽減でき低侵襲手術のご提供が可能となります。

  • IPL導入。目の周りなどの”しみ・そばかす・しわ”などお肌のトラブルにお困りの際はご相談ください。

  • 当院では常時5名の視能訓練士(国家資格)が患者様の眼の精査をしております。

  • 当院が発売中の情報誌「川口市Walker」に掲載されています。

    掲載記事。(☜クリック)

ご挨拶

これまで14年間、眼科外来診療全般、各種眼科手術等に携わって参りました。
この経験を活かして、地域のみなさまの健康を共に守っていきたいと考えております。
開院にあたり、充実した手術器械を取り揃えました。
外来では失明の原因になる病気の早期発見、早期治療にも力を入れ、協力病院と力を合わせて患者様の目を第一に守ることを考えております。
さらに、かかりつけ医を目指しスタッフ一同、温かくわかりやすい診療を心がけ、信頼される医療を目指して参ります。
医療法人社団 来聖会 理事長 眼科専門医 遠藤 哲治